化学と本の巻~nao blog~

様々な本(小説や実用書)または化学(高校生向け)に関するトピックを紹介していきます。

化学の巻↓ 理論化学(高校)

溶解度積とは何か??についての解説(例題と一緒に)

投稿日:10月 18, 2020 更新日:

・溶解度積とは?

塩化銀を水にいれる大部分は沈殿しますが一部は溶解して飽和溶液ができす。この飽和溶液中では以下の溶解平衡が成立している。

AgCl(固) ⇄ Ag+Cl

平衡定数K=[Ag][Cl]/[AgCl(固)]

→K[AgCl(固)]=[Ag][Cl]

溶解度積Ksp=[Ag][Cl]

AgとClの濃度の積は温度によって決まる定数となります。この定数Kspが溶解度積となります。

[溶解度積]

AmBn(固体)⇄mAn+nBm-の溶解平衡にあるとき

Ksp=[An+]m[Bm-]n

溶解度積Kpは溶解しているイオンの濃度の積、つまり溶解する限度を表していることになります。よって仮の溶解度積をもとめてそれが溶解度積Kspより大木ければ沈殿し、小さければ沈殿しません。

K=[Ag][Cl]>Ksp→沈殿する *Kは仮の値

K=[Ag][Cl]≦Ksp→沈殿しない

では例題をだして考えていきましょう。

(例題)Mg(OH)2の溶解度積Ksp=[Mg2+][OH]2=1.0×10-11(mol/L)3である。

1.0mol/LのMg2+(MgCl2)水溶液10mlと1.0mol/LのOH(NaOH)水溶液90mLを混合した場合沈殿するかしないのかを答えよ。

(解答)まず混合したあとの[Mg2+]と[OH]のそれぞれの濃度をだします。それぞれがすべて溶けていると仮定すると

[Mg2]=1.0×10/(10+90)=1.0×10-1mol/L

[OH]=1.0×90/(10+90)=9.0×10-1mol/L

よって仮の溶解度積をもとめることができる。

K=[Mg2+][OH]2=1.0×10-1×9.0×10-1=9.0×10-2→Kspよって沈殿する。

別のパターンの溶解度積に関する問題も解いていきましょう。

(問題)AgClの溶解度積Kspは30℃のおいて2.0×10-10(mol/L)2である。この温度におけるAgClの水への溶解度は何mol/L(2桁)となるか?

(解答)AgClの水への溶解度をZmol/Lとすると溶解中のAgやCl

AgCl→Ag+Clより[Ag]=[Cl]=xmol/Lとなる。よって

[Ag][Cl]=Z×Z=Ksp=2.0×10-10が成り立ち、Z>0より

Z≑1.4×10-5mol/Lとなる。

-化学の巻↓, 理論化学(高校)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

元素の確認方法~(炎色反応,沈殿を復習!)

今回は元素の確認方法である炎色反応と沈殿について解説するにゃ!特に炎色反応の色についてテストで問われやすいので覚えること必須にゃ。 目次 炎色反応とは?沈殿とは?まとめ演習問題ちょっと寄り道 ・炎色反 …

医薬品について(歴史や医薬品の種類)学ぼう!

目次 医薬品の歴史薬医薬品の種類演習問題 化学と本の巻~nao blog~プラスチック・ゴム・セラミックスについてhttps://bolg-run-nao.com/about-plastics-rub …

芳香族化合物の分離(有機層→水層、水層→有機層)をしていこう!

油と水は一緒の容器に入れると分離します。今回はそのように有機物と水を何も処理せずにいれたら勝手に二相に分離します。仮に水に溶けない有機物が様々物質が容器に入っている場合それらを別々に取り出したいときに …

化学反応と量的関係について(計算問題もあります!)

今回は化学反応式の表し方と化学反応が表す量的な関係を解説するにゃ。とくに化学反応式はしっかりかけるようにならないと量的な関係が分からないから大事だにゃ。 化学と本の巻~nao blog~物質量について …

ニオブ モリブテン テクネチウム ルテニウム(第5周期)

化学と本の巻~nao blog~ルビジウム ストロンチウム イットリウム ジルコニウム(第5周期)https://bolg-run-nao.com/rubidium-strontium-yttrium …

 


nao(管理人)

こんにちは!このブログを運営するnaoです。現在某国立地方大学大学院修士2年生です。工学研究科に属していて主に化学を中心に学んでいます。このサイトでは化学と関わりのある内容および本の書評を投稿していきます。

所持資格↓

危険物取扱免状(甲種)、公害防止管理者水質第一種