化学と本の巻~nao blog~

様々な本(小説や実用書)または化学(高校生向け)に関するトピックを紹介していきます。

化学の巻↓ 無機化学(高校)

炭素(C)とケイ素(Si)の性質や炭素とケイ素の酸化物を押さえる!

投稿日:12月 27, 2020 更新日:

・黒鉛、ダイヤモンド、ケイ素について

黒鉛 → 炭素原子が共有結合によって六角形につながった層状の分子でこれが分子間力によって結びつけられている。電気伝導性がありことも大事です。

ダイヤモンド → 炭素原子同士が共有結合で結ばれ正四面体構造をとっていてそれが繰り返された巨大分子のことです。硬く融点がとても高いのが特徴です。

ケイ素 → ケイ素原子どうしが共有結合で結ばれて正四面体構造をとっていて巨大分子を形成しています。電気伝導性は半導体(電気伝導性が良導体と絶縁体の中間)です。

・炭素とケイ素の酸化物達

[一酸化炭素]発生源(1)炭や石油の不完全燃焼で二酸化炭素共に生じる。

(2)高温の炭素に二酸化炭素が反応して生じる。

(3)ギ酸HCOOHに濃硫酸を加えて加熱すると、ギ酸が脱水(H2Oが取れる)されて一酸化炭素が生じる

[特徴](1)とても有害であり危険

(2)水に溶けにくく非金属酸化物なので中性を示す

(3)還元作用があり高温の時に金属の酸化物を単体にする

(4)燃焼すると青白い炎をだします。

[二酸化炭素]ドライアイス → 二酸化炭素の固体で有り昇華性があり固体から直接気体となる

[二酸化ケイ素SiO2]ケイ素原子と酸素原子が交互に共有結合を繰り返してつながった構造をとった共有結合の結晶である。二酸化ケイ素は地殻の重要な成分で元素別では酸素とシリカが1番目・2番目に多く含まれています。高純度の二酸化ケイ素を融解して繊維状にしたものが光ファイバーです。

またお菓子などの袋に入っている乾燥剤であるシリカゲルは二酸化ケイ素から作られています。下にシリカゲルを作る過程をのせます。

(1)SiO2にNa2CO3を加えて加熱するとケイ酸ナトリウムNa2SiO3が得られる。

(2)ケイ酸ナトリウムに水を加えて加熱すると水あめのような粘性のある液体を得ることができる。これがいわゆる水ガラスというものです。

(3)水ガラスの水溶液に塩酸を加えると白いゲル状のケイ酸H2SiO3が得られる

(4)ケイ酸を加熱して乾燥させるとシリカゲルが得られる。シリカゲルは小さな孔が沢山あって多孔質構造です。

・演習問題

問題()に入る言葉を答えよ。

炭素の単体は天然にダイヤモンドや(1)が存在し、これらは互いに(2)である。ダイヤモンドは全ての炭素原子が(3)結合してできた無色の結晶であらゆる物質の中で最も(4)い。(1)は光沢のある(5)色の結晶で、(6)や(7)[*6と7は順不同]を良く通す。

二酸化ケイ素を水酸化ナトリウムや炭酸ナトリウムを混合して融解するとケイ酸ナトリウムが得られる。ケイ酸ナトリウムに水を加えて長時間加熱すると粘性の大きい液体が得られる。これを(8)という。この水溶液に塩酸を加えて中和すると白色で無定型のケイ酸が沈殿する、このケイ酸を加熱乾燥したものが(9)である。

  1. 黒鉛
  2. 同素体
  3. 共有
  4. 電気
  5. 熱 
  6. 水ガラス
  7. シリカゲル

-化学の巻↓, 無機化学(高校)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アルデヒド・ケトンについての性質と反応性をしっかりと理解しよう!

今回は有機化学の中でもテストでの出題が問われやすいところだにゃ。頑張るぞ! 目次 アルデヒドの性質と反応性とは?ケトンの性質とヨードホルム反応演習問題 ・アルデヒドの性質と反応性とは?  アルデヒドと …

理論化学(1)(大学入試対策)[物質の分類]

目次 問題1 物質の分離(混合物、単体、元素について)問題2 分留、抽出、再結晶それぞれの説明問題3 蒸留装置の注意点問題4 クロマトグラフィーについて ・問題1 物質の分離(混合物、単体、元素につい …

第7周期の全元素(フランシウム~ウンウンオクチウム)

化学と本の巻~nao blog~水銀~ラドンについて(第6周期)https://bolg-run-nao.com/about-mercury-radon目次水銀(Hg)についてタリウム(Tl)について …

単糖類、二糖類、多糖類(それぞれの特徴は何か??)

糖は身近の食べ物の中に沢山含まれているにゃ。フルクトースはくだものなどガラクトースは寒天、マンノースはこんにゃくの成分だにゃ! 目次 単糖類二糖類多糖類演習問題 糖類には単糖類、二糖類、多糖類の種類が …

気体の溶解度について?!(ヘンリーの法則)

今回は気体の溶解度についてかいせつするにゃ。計算問題が良く出てくるのでしっかり勉強するにゃ! 目次 気体の溶解について?ヘンリーの法則とは?まとめ演習問題 ・気体の溶解について? 気体も溶媒には溶けま …

 


nao(管理人)

こんにちは!このブログを運営するnaoです。現在某国立地方大学大学院修士2年生です。工学研究科に属していて主に化学を中心に学んでいます。このサイトでは化学と関わりのある内容および本の書評を投稿していきます。

所持資格↓

危険物取扱免状(甲種)、公害防止管理者水質第一種