化学と本の巻~nao blog~

様々な本(小説や実用書)または化学(高校生向け)に関するトピックを紹介していきます。

化学の巻↓ 有機化学(高校)

核酸・酵素について(DNAやRNAなどの特性)学習しよう!

投稿日:2月 3, 2021 更新日:

今回は核酸と酵素について解説するにゃ。特に核酸はDNAとRNAなので僕たちにはとても大切なことだにゃ!

・DNAとRNAについて

まず核酸について説明します。核酸は遺伝子の本体です。実態はヌクレオチドが多数連結してできた高分子化合物となります。核酸には2種類あります。それが以下です。

  • DNAデオキシリボ酢酸(遺伝子の本体)
  • RNAリボ核酸(タンパク質合成に関わる)

DNAはヌクレオチド鎖が2本向かいあって結合した二重らせん構造です。RNAは1本鎖となります。

ヌクレオチドはリン酸、糖、塩基で構成されていて、それらがたくさん連結しているのでポリヌクレオチドといいます。塩基同士が水素結合でつながっていて、アデニン(A)とチミン(T)、グアニン(G)とシトシン(C)がペアでつながっています。このような塩基どうしの関係を相補性といいます。

・酵素について

酵素は触媒としてはたらくタンパク質です。酵素は活性部位(タンパク質の特定部分)で反応を促進する基質(相手の物質)とだけ結合して反応を促進する。例えばだ液に含まれる酵素アミラーゼはデンプンを加水分解しますがタンパク質を加水分解することはできません。酵素の活性部位の立体構造に適合する基質だけが酵素ー基質複合体をつくり酵素の作用を受けます。

酵素の特徴をあげます。

  • 基質特異性酵素は触媒として働くとき活性部位に合う立体構造をもった基質だけに作用する。この特定の物質だけを基質とする性質を基質特異性という。その基質に対し促進する酵素ごとに決まっておりこれを反応特異性いう。
  • 最適温度最適pH酵素反応は酵素ごとに決まった温度で反応速度が最大になりこのことを最適温度という。また反応速度が最大になるpHも各酵素で決まる。

次に生体内の消化に働く酵素の例を下に示します。赤字が酵素名です。

・演習問題

<問題>()に当てはまる語句を答えよ。

細胞には糖類、タンパク質、脂質などの他、核酸とよばれる酸性の高分子化合物が存在する。核酸は大きく分けて2種類有り、一方はデオキシリボ核酸(DNA)、もう一方はリボ核酸(RNA)という。DNAは(1)を伝える働きがあるのに対し、RNAは(2)合成に関与している。

遺伝子の本体であるデオキシリボ核酸(DNA)はデオキシリボリボースにリン酸および核酸塩基が結合したヌクレオチドは縮合重合した直鎖状ポリマーである。DNAに含まれる核酸塩基はアデニン、グアニン、シトシン、チミンの4種類である。DNAはヌクレオチド鎖2本の間に(3)結合を形成することで塩基対をつくり、二重らせん構造をとっている。アデニンのアミノ基を考えると、(4)原子の電気陰性度は(5)原子の電気陰性度に比べて大きいので(4)原子側に(6)の電荷が偏り、(5)原子側に(7)の電荷が偏っている。これを結合の(8)という。一方チミンのカルボニル基も同様の利用により、(9)原子側に(6)の電荷が偏り(10)原子側に(7)の電荷が偏っている。こうしてアデニンのアミノ基の(5)原子とチミンのカルボニル基の(9)原子の間に(3)結合が形成している。

生体内で化学反応を加速する物質を酵素という。酵素は(11)が主成分で、触媒の働きをする。酵素が作用する物質を酵素の基質という。多くの酵素は決まった。基質だけを選んで化学反応させる。これを酵素の基質(12)とよぶ。酵素には基質分子と結合する場所がある。それを(13)といい、結合した状態を酵素ー基質(14)とよぶ。基質は酵素(14)をつくることで反応性が高まる。酵素反応の速度は酵素ー基質(14)の濃度に依存する。また酵素には最も反応を効率よく促進する最適(15)と最適(16)とが存在する。

デンプンは(17)が重合した高分子化合物である。デンプンは人の体内で(18){酵素名}によりさまざまな分子量の(19)に分解され、さらに二糖である(20)にまで分解される。(20)は(21){酵素名}により(17)に分解され、エネルギー源として利用される。

  1. 遺伝情報
  2. タンパク質
  3. 水素
  4. 窒素
  5. 水素
  6. 極性
  7. 酸素
  8. 炭素
  9. タンパク質
  10. 特異性
  11. 活性部位
  12. 複合体
  13. 温度
  14. pH
  15. グルコース
  16. アミラーゼ
  17. デキストリン
  18. マルトース
  19. マルターゼ

-化学の巻↓, 有機化学(高校)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

緩衝液、塩の加水分解とは??(公式を導いていく)

電離平衡についてまずは復習したい人は↓からいけるよ 化学と本の巻~nao blog~電離平衡とは?https://bolg-run-nao.com/ionization-equilibrium今回は電 …

アニリン(性質や合成、アゾ染料)をくわしく学ぼう!!

アニリンは性質や合成方法、アゾ染料の合成法がとわれやすいにゃ! 化学と本の巻~nao blog~芳香族炭化水素についてhttps://bolg-run-nao.com/about-aromatic-h …

ハフニウム~金(第6周期)

化学と本の巻~nao blog~ユウロピウム~ルテチウム(第6周期)https://bolg-run-nao.com/europium-lutetium目次ユウロピウム(Eu)についてガドリニウム(G …

気体の製法と性質について(問題をたくさん解こう!)

問題を中心に多めにだして解説していくにゃ!!がんがん頑張るぞーー 目次 気体の製法気体の捕集法、乾燥法気体の検出法 ・気体の製法 酸・塩基反応の利用 「弱酸の塩」+「強酸」+「強酸の塩」 (問題) 塩 …

ハロゲン(周期表の17属) について[フッ素、塩素、臭素、ヨウ素]

ハロゲンの単体はすべて2個の原子からなる分子だにゃ。臭素はフッ素と塩素は気体で臭素は液体、ヨウ素は固体だにゃ!臭素より原子番号の小さいものは気体、原子番号の大きいものは固体だにゃ!。 目次 ハロゲンと …

 


nao(管理人)

こんにちは!このブログを運営するnaoです。現在某国立地方大学大学院修士2年生です。工学研究科に属していて主に化学を中心に学んでいます。このサイトでは化学と関わりのある内容および本の書評を投稿していきます。

所持資格↓

危険物取扱免状(甲種)、公害防止管理者水質第一種