化学と本の巻~nao blog~

様々な本(小説や実用書)または化学(高校生向け)に関するトピックを紹介していきます。

化学の巻↓ 化学基礎(高校)

水素イオン濃度とpHについての解説をします!

投稿日:7月 24, 2020 更新日:

今回は水素イオン濃度とpHについて解説するにゃ。とくにpH計算はつまずきやすいからしっかり学習するにゃ。

・水素イオン濃度について?

 酸や塩基の水溶液は電気伝導性を示し。それは酸や塩基が水溶液中でイオンに電離しているからです。水は電気を通さないイメージがありますが実はわずかに電気を通すことが知られています。それはなぜかというと水分子の一部のみが電離しているからです。化学式はH2O ⇄ H+ + OHとなります。

 水素イオン濃度H+のモル濃度を水素イオン濃度といい記号は[H+]と表します。一方で水酸化物イオンOHのモル濃度は[OH]で表します。実はこの水素イオンH+と水酸化物イオンOHのモル濃度は純水でかつ25℃では等しくなります。

[H+]=[OH]=1.0×10-7mol/L(この状態は中性です。)

酸性や塩基性の水溶液は水素イオン濃度[H+]と水酸化物イオン濃度[OH]の積は常に一定です。この積を水のイオン積(記号はKw)と呼びます。

イオン積はKw=[H+][OH]=1.0×10-14(mol/L)2という式で表せます。ようするに水素イオン濃度[H+]の値が低くなった場合は水酸化物イオン濃度[OH]の値は高くなります。逆もしかりです。

 次に水素イオン濃度[H+]と水酸化物イオン濃度[OH]の求め方について解説します。水素イオン濃度は[H+]=酸のモル濃度×電離度で求めることができます。水酸化物イオン濃度も同様に[OH]=塩基のモル濃度×電離度で求めることができます。例として水素イオン濃度を求めようと思います。0.1mol/Lの塩酸の電離度が0.97であるとき水素イオン濃度は[H+]=0.1mol/L×0.97=0.097mol/L=9.7×10-2mol/Lとなります。

・酸性、塩基性と水素イオン濃度の関係とは?

 イオン積の所で少し触れていますが、水に酸を溶かすと水素イオン濃度[H+]が増加し一方で水酸化物イオン濃度[OH]は減少します。水に塩基と溶かすと水素イオン濃度[H+]の値は減少し、水酸化物イオン濃度[OH]が減少します。よって水素イオン濃度[H+]と水酸化物イオン濃度[OH]の関係は反比例です。

酸性[H+] > 1.0×10-7mol/L > [OH]
中性[H+] = 1.0×10-7mol/L = [OH]
塩基性[H+] < 1.0×10-7mol/L > [OH]

pHとは?

  水素イオン濃度[H+]や水酸化物イオン濃度[OH]の値は一番下で100mol/Lから1014mol/Lと数字が非常に幅広いです。よって酸性や塩基性の強さをもっと簡潔にしたものがあります。それがpHというものです。

水素イオン濃度[H+]=10-nmol/Lの時、pH=n

H+]=10-nmol/Lとした場合のnがpHです。よってpHは0~14までの値しか有りません。例として[H+]=10-5mol/Lの時はpH=5となります。pHによって水溶液が酸性、中性、塩基性かをしることができます。

pHによって水溶液が酸性、中性、塩基性かを知ることが出来るにゃ!酸性pH<7、中性pH=7、塩基性pH>7と決められている。これも重要な所だぞ。

・pH指示薬とは?

 実はpHのおおよその値はpH指示薬(水溶液のpHによって色が変化する試薬)というものを使用し、知ることができます。色が変化するpHの範囲を変色域といいます。

 代表的なpH指示薬としてあげられるのがメチルオレンジ、フェノールフタレイン、ブロモチモールブルー( BTB)です。それぞれの指示薬の変色域はメチルオレンジがpH3.1~4.4、フェノールフタレインがpH8.0~9.8、ブロモチモールブルー( BTB)です。

pHの正確な値はpHメーターを使用すればしることができます。

実は周りにはpHにとても関連したものがあふれているにゃ。例えば牛乳はpH=6ぐらいで、しょうゆはpH=4ぐらいだにゃ。

・まとめ

  • 酸性 [H+] > 1.0×10-7mol/L > [OH]
  • 中性 [H+] = 1.0×10-7mol/L = [OH]
  • 塩基性 [H+] < 1.0×10-7mol/L > [OH]
  • イオン積 Kw=[H+][OH]=1.0×10-14(mol/L)2
  • pH [H+]=10-nmol/Lの時、pH=n
  • pH指示薬 メチルオレンジ、フェノールフタレイン、ブロモチモールブルー( BTB)

・演習問題

問題1.次の水溶液のpHをそれぞれ求めよ。

(1)0.01mol/L塩酸水溶液。

(2)0.1mol/L水酸化ナトリウム。

(3)5.0mol/L酢酸(電離度0.02mol/L)。

(4)0.4gの水酸化ナトリウム(式量40)を1000mlの水に溶かした水酸化ナトリウム水溶液。

水溶液が酸性か塩基性なのかをまず考えるとよいにゃ!

解答(1)塩酸は強酸でほぼ完全に電離しているので水素イオン濃度[H+]は塩酸のモル濃度と同じである。計算すると[H+]= 0.01mol/L = 1.0×10-2mol/L 、 [H+]=10-nmol/Lの時、pH=nよりpH=2となる。

解答(2)水酸化ナトリウムは強塩基でほぼ完全に電離している。よって水酸化物イオン濃度[OH]は水酸化ナトリウムのモル濃度と同じである。計算すると[OH]=0.1mol/L=1.0×10-1mol/L、Kw=[H+][OH]=1.0×10-14(mol/L)2より[H+]=Kw÷[OH]=1.0×10-14÷1.0×10-1mol/L=1.0×10-13よってpH=13である。

解答(3)酢酸は酢酸分子が一部しか電離していないので、[H+]=酸のモル濃度×電離度の式に数値を当てはめて水素イオン濃度[H+]を求めると、[H+]=5.0×0.02=1.0×10-1mol/LよってpH=1となる。

解答(4)水酸化ナトリウムの物質量は0.4g÷40g/mol=0.01molである。1000mlの水にこの水酸化ナトリウムを溶かすのでモル濃度は0.01mol÷1L=0.01mol/L=1.0×10-2mol/L=[OH]。よって水素イオン濃度[H+]=1.0×10-12よってpH=12である。

-化学の巻↓, 化学基礎(高校)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

気体の性質について(ボイル・シャルルの法則も取り上げる!)

今回はボイル・シャルルの法則や気体の状態方程式について解説します。計算問題が多くて難しいと感じることもあるけどしっかり学習すれば大丈夫だにゃ。 化学と本の巻~nao blog~気体・液体間の状態変化に …

コロイド溶液についての性質をしっかりと復習しよう!!

今回はコロイド溶液について解説するにゃ。この分野は気楽な気持ちで臨んでも大丈夫だにゃ。 目次 コロイド粒子とは?コロイドの沈殿について?コロイド溶液の性質とは?コロイドの分類?まとめ ・コロイド粒子と …

固体の溶解度(飽和溶液・再結晶)計算問題をマスターしよう!

今回は飽和溶液と再結晶に関する計算問題を解説していくにゃ。ちなみに少し復習すると飽和溶液が溶解度まで溶質をとかした溶液のことで再結晶が溶解度の温度の違いなどを利用して、固体物質を精製することだにゃ。問 …

物質の工業的製法(1)[アンモニア、硝酸、硫酸、鉄]

今回はアンモニア、硝酸、硫酸、鉄の工業的製法について学習していくにゃ! 目次 ハーバー法(アンモニア)オストワルト法(硝酸)接触法(硫酸)鉄の製錬演習問題 ・ハーバー法(アンモニア) アンモニアは窒素 …

水銀~ラドンについて(第6周期)

化学と本の巻~nao blog~ハフニウム~金(第6周期)https://bolg-run-nao.com/hafnium-gold目次ハフニウム(Hf)についてタンタル(Ta)についてタングステン( …

 


nao(管理人)

こんにちは!このブログを運営するnaoです。現在某国立地方大学大学院修士2年生です。工学研究科に属していて主に化学を中心に学んでいます。このサイトでは化学と関わりのある内容および本の書評を投稿していきます。

所持資格↓

危険物取扱免状(甲種)、公害防止管理者水質第一種