化学と本の巻~nao blog~

様々な本(小説や実用書)または化学(高校生向け)に関するトピックを紹介していきます。

化学の巻↓ 理論化学(高校)

気体の溶解度について?!(ヘンリーの法則)

投稿日:8月 31, 2020 更新日:

今回は気体の溶解度についてかいせつするにゃ。計算問題が良く出てくるのでしっかり勉強するにゃ!

・気体の溶解について?

気体も溶媒には溶けます。身近なもので例えると炭酸飲料は二酸化炭素が溶けているものあります。よって気体にも溶解度があります。気体の溶解度は圧力が1.013×105Paのとき溶媒1Lに溶ける気体の物質量や質量、または、標準状態における体積で示します。溶解度は一般に温度が低く溶媒に接する気体の圧力高いほど高いです。これは温度が低い方が溶液中に存在する分子の熱運動が抑制され、溶媒分子と気体分子の間に働く分子間力のために多くの気体分子が溶媒中に存在することになります。また圧力が高い方が気体の分子が圧力の影響で溶液に押し込まれるので気体の圧力が高い方が溶解度が大きいです。

・ヘンリーの法則とは?

窒素や酸素など溶解度が小さい気体では一定温度で一定量の溶媒に溶解する質量はその気体の圧力(混合気体の場合は分圧)に比例します。これをヘンリーの法則といいます。

・まとめ

  • 気体の溶解度 温度が低いほど圧力が高いほど溶解度は大きくなる。
  • ヘンリーの法則 溶解度の小さい気体では気体の溶解度はその気体の圧力(混合気体では分圧)に比例する。

・演習問題

問題1. 20℃で1.0×105Paの窒素は水1.0Lに6.8×10-4mol溶ける、では20℃で6.0×105Paの窒素が水3.0Lに接している。このとき水に溶けている窒素の質量は何gか?N2=28

ヘンリーの法則より気体の溶解度(物質量)は圧力に比例することを思いだそう!

解答.考え方としてまず水にとけている物質量(mol)を求めて最後に窒素のモル質量をかければ答えが導ける。

1.0×105Paの窒素は水1.0Lに6.8×10-4溶けているので圧力が6.0×105Paにあがったので

6.8×10-4×(6.0×105Pa÷1.0×105Pa)=40.8×10-4

気体の溶解量は溶媒(水)の量にも比例するので

40.8×10-4×(3÷1)=122.4×10-4≑1.2×10-2mol

よって窒素のモル質量はN2=28g/molなので

28g/mol×1.2×10-2mol=0.336L≑0.34g

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

問題2. 1.0×105Paの酸素と窒素は℃の水1.0Lにそれぞれ48mL.24mL溶けるとする。いま2.0×105Paの空気(酸素:窒素=1:4(体積比)の混合気体)が0℃の水1.0Lと接している。このとき水に溶けた酸素と窒素の体積比を求めよ。

これは混合気体の問題だにゃ!気体の溶解度は混合気体では気体の分圧に比例することを思いだそう。また気体の溶解度は標準状態(0℃、圧力1.013×105Pa)における体積で表すにゃ。この問題の最初の分は標準状態のときを言っているにゃ。

解答. 気体の溶解度は混合気体では気体の分圧に比例するので

O2の分圧 2.0×105Pa×(1÷5)=0.4×105Pa

N2の分圧 2.0×105Pa×(4÷5)=1.6×105Pa

よってO2は分圧0.4×105Paで48mLとけて、N2は分圧1.6×105Paで24mLとけることがわかった。それぞれの体積を標準状態(0℃、圧力1.013×105Pa)に換算すると

O2=48×(0.4×105÷1×105)=19.2L

N2=24×(1.6×105÷1×105)=38.4L

よってO2:N2=19.2 : 38.4=1:2

-化学の巻↓, 理論化学(高校)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

熱運動と物質の三態についてしっかり復習をしよう!

今回は粒子の熱運動と物質の三態について説明するにゃ。特に分子の状態変化はよくテストで問われやすいので気をつけるにゃ! 目次 拡散とは?熱運動とは?絶対温度とは?物質の三態とは?まとめ演習問題 ・拡散と …

芳香族化合物の分離(有機層→水層、水層→有機層)をしていこう!

油と水は一緒の容器に入れると分離します。今回はそのように有機物と水を何も処理せずにいれたら勝手に二相に分離します。仮に水に溶けない有機物が様々物質が容器に入っている場合それらを別々に取り出したいときに …

窒素とリンおよびそれぞれの仲間達をしっかり押さえる!!

目次 窒素とその仲間達リンの仲間達演習問題 ・窒素とその仲間達 まず窒素の製造法について解説します。 [実験室]亜硝酸アンモニウムの熱分解で窒素分子を得る NH4NO2→N2↑+2H2O [工業的]液 …

ルビジウム ストロンチウム イットリウム ジルコニウム(第5周期)

化学と本の巻~nao blog~ゲルマニウム ヒ素 セレン 臭素 クリプトン(第4周期)https://bolg-run-nao.com/germanium-arsenic-selenium-brom …

反応速度(計算問題)をしっかり解いていこう!!

前回は反応速度の基礎的な部分について解説したにゃ。今回は基礎的な知識を扱えるように実際に計算していくにゃ。 化学と本の巻~nao blog~反応速度式についてhttps://bolg-run-nao. …

 


nao(管理人)

こんにちは!このブログを運営するnaoです。現在某国立地方大学大学院修士2年生です。工学研究科に属していて主に化学を中心に学んでいます。このサイトでは化学と関わりのある内容および本の書評を投稿していきます。

所持資格↓

危険物取扱免状(甲種)、公害防止管理者水質第一種