理論化学

気体の性質について

投稿日:8月 10, 2020 更新日:

今回はボイル・シャルルの法則や気体の状態方程式について解説します。計算問題が多くて難しいと感じることもあるけどしっかり学習すれば大丈夫だにゃ。

・ボイルの法則とは?

ボイルの法則は「温度が一定の時に、一定量の気体の体積Vは圧力Pに反比例する」というものです。体積をV、圧力をPとするとボイルの法則は

PV=k1(k1は一定)

この式より温度が一定で圧力P1、体積Vが圧力P2、体積V2に変化すると

P1V=P2V2=k1が成り立つ。

例題で上の式を使いましょう。温度が一定で50Pa、5Lの気体の圧力を100Paにすると体積は何Lになるか?

温度は一定で圧力と温度が変化しているのでボイルの法則が使えます。

50×5=100×V2→V2=2.5L

・シャルルの法則とは?

シャルルの法則は「圧力が一定のとき、一定量の気体の体積Vは絶対温度Tに比例する」ことをいう。正確にいうと「圧力が一定のとき、一定物質量の気体の体積Vは温度が1K上昇するごとに0℃における体積Voの1/273倍づつ増減しこの関係は気体の種類によらない」。ともいいますが、ようは体積と温度が圧力が同じ時は比例関係であると覚えておきましょう。シャルルの法則は

V÷T=k2(k2は一定)

上の式より圧力が一定で絶対温度T1、体積V1の気体が絶対温度T2、体積V2に変化するとき

T1÷V1=T2÷V2がなりたつ。

・ボイル・シャルルの法則とは?

以上のボイルの法則とシャルルの法則を一つにまとめると

となります。この式より一定物質量の気体の体積Vは圧力に反比例し、絶対温度Tに比例する」これをボイル・シャルルの法則といいます。

・気体の状態方程式とは?

標準状態(P=1.013×105Pa、T=273K)で1molの気体の体積はVは22.4Lです。よって気体1molあたりの定数を求めることができます。

この気体定数はRで表すことが多いです。この気体定数はどの気体でも一定の値を示します。この気体定数Rをつかって気体の状態方程式を

PV=nRTと表します。

・まとめ

  • ボイル・シャルルの法則 気体の体積Vは圧力Pに反比例し、絶対温度Tに比例する。
  • PV=nRT 物質量nの気体が圧力P、絶対温度Tで体積Vのとき
  • 気体定数 R=8.31×103[Pa・L(K・mol)]

・演習問題

問題1.27℃、3.0×105Paで10L占めている気体がある。この気体を57℃、2×105Paと変化すると体積は何Lになるか?

気体の物質量は同じだにゃ!

解答.求める体積をVとおくと

(3.0×105Pa×10L)÷300K = (2×105Pa×V)÷330K→V=16.5L

問題2.絶対温度T[K]において、圧力P[Pa]の混合気体の密度はd[g/L]であった。このときこの気体のモル質量MをP,T,dおよび気体定数R[Pa・L/(K・mol)を用いて表せ。

気体の質量をw[g]、モル質量をM[g/mol]とすれば気体の物質量はw÷M[mol]で求めることができる。ということは?

解答

-理論化学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

コロイド溶液について

今回はコロイド溶液について解説するにゃ。この分野は気楽な気持ちで臨んでも大丈夫だにゃ。 目次コロイド粒子とは?コロイドの沈殿について?コロイド溶液の性質とは?コロイドの分類?まとめ ・コロイド粒子とは …

no image

溶解度(飽和溶液・再結晶)計算問題

今回は飽和溶液と再結晶に関する計算問題を解説していくにゃ。ちなみに少し復習すると飽和溶液が溶解度まで溶質をとかした溶液のことで再結晶が溶解度の温度の違いなどを利用して、固体物質を精製することだにゃ。問 …

反応速度式について

反応速度式は化学反応と実験データから導くことができるにゃ! 目次反応速度の定義式とは?反応速度式とはv=k[A]a?まとめ演習問題 ・反応速度の定義式とは? 速度は単位時間あたりの変化量と定義されてい …

反応速度(計算問題)

前回は反応速度の基礎的な部分について解説したにゃ。今回は基礎的な知識を扱えるように実際に計算していくにゃ。 目次演習問題 反応速度の説明をまだ見てない人はこちらをクリック ・演習問題 問題1  少量の …

電気分解の計算

今回は電気分解の具体的な計算をしていくにゃ。電気と電子の関係性をしっかり学習し頑張っていこう! 電気分解における反応を復習したい方はこちら 目次ファラデーの法則について直列回路と並列回路電気分解の計算 …

管理人について


怠け者からの脱却

こんにちは!このブログを運営する者です。現在某国立地方大学大学院修士2年生です。工学研究科に属していて主に化学を中心に学んでいます。このサイトでは化学と関わりのある内容を投稿していきます。

所持資格↓

危険物取扱免状(甲種)、公害防止管理者水質第一種